社労士試験対策には、教えてくれる講師が必要!

「社労士試験は講義DVDで攻略!」

社会保険労務士はやり甲斐のある仕事です。私自身がそれを実感しています。
ネットには「社会保険労務士の仕事は大変」「社労士は食べていくのが大変」などのネガティブな声も少なくありませんが、それは風評だけで物事を語ったり、失礼ですが気合の足りない人たちの弱音のような気がします。
どんな職業にも大変さはつきものですし、本人の気持ちの持ち方次第で、大変さをやり甲斐と感じることもできます。
大人として自分の職業をまっとうするとは、そういうことだと思います。これほどやり甲斐ある専門職は、そんなにはありません。少なくとも、管理人はそう感じています。

ただし、社会保険労務士の試験勉強はホントに大変です。私は1度失敗、2年目でなんとか合格することができました。振り返ってみて、1年目の失敗の原因ははっきりしています。教材選びの詰めが甘く選択をまちがえてしまったのです。
それまでの仕事の都合上、学校に通える時間の余裕は私にはありませんでした。『自宅で勉強をするのなら、独学も通信教育も大差はないさ』。そんな過信があり、1年目を棒に振る結果になりました。

社会保険労務士の試験範囲は誰もがいうように広範です。勉強をしていて次の科目へ移ると、前に覚えていたことをすっかり忘れている。そんな苦い思いをしてはじめて、途方もない試験科目の広さを思い知らされるのです。
管理人の経験からして、どんなに良いテキストを使ったとしても、テキストだけで基本知識を頭に詰め込むのは不効率です。やはり講義を聴くことが必要です。学校へ通えないなら、社会保険労務士の学習に、講義DVDは欠かせないアイテムです。

講義DVDは、社会保険労務士試験のわかりにくい箇所を、丁寧に解説してくれます。
講義DVDは何度でも繰り返せるので、記憶を定着させるためにも強力なツールです。

社会保険労務士の対策において、独学と通信講座のDVD学習の両方を体験している管理人は、DVD学習の効果について自信を持ってお話しすることができます。
当サイトでは、講義DVDを活用した社会保険労務士の学習のことや、この職業の魅力についても解説しています。

よろしかったら、ぜひ、参考にしてみてください。


>>講義DVDで通学予備校以上の学習効果を実現!<<