社労士試験対策には、教えてくれる講師が必要!

「社労士試験は講義DVDで攻略!」

学習時間を作りだすCD教材

ここまで管理人は、『初学者の方にはガイド役が必要』という趣旨で、通学されない方に講義DVDの必要性をお話してきました。ここでは『時間の有効活用』の観点から、もうひとつのメディア、CD教材のメリットをお伝えしたいと思います。CD教材を使って学習の機会を2倍に増やす!広告の謳い文句ではなく、CD教材があると本当にそれが可能であることを解っていただきたいのです。

●CD教材を活かして、外出先で一日2時間の学習量を確保

1日の学習時間は4時間、自宅で机に向かうのが2時間、それ以外の場所で「隙間時間」を2時間捻出します。仕事で忙しいみなさんが、毎日机に4時間向かうのはとても現実的な話しではありません。でも2時間なら、意志をしっかり持てばなんとかなるはずです。
あとの2時間は、よく言われていることですが、会社の往復の通勤時間、ランチタイム、喫茶店や公園での一息などもしっかり取り込みます。その時に携帯するのが、iPodなどのメディアに落としたCDの録音内容です。
フォーサイトのCD教材は、講義DVDと同一の内容が、音声のみで収録されています。昨夜自宅のパソコンで学習した講義DVDの内容を、電車の中で聞くこと。それがすきま時間活用学習のオーソドックスなスタイルです。『講義DVDを繰り返すことの効果は絶大』と話したことを思い出してください。1度見た講義DVDの内容は、音声を聞くだけでも高い復習効果を期待できます。音声と共にDVDの板書の内容なども思い出せるからです。そして音声なら、満員ぎゅうぎゅうの電車のなかでも、それほど難なく聞けます。すきま時間の活用には、携帯したテキストやノートを活用する場面も多々あると思います。もちろんそれも大事です。しかし、「外出先で一日2時間確保」。このことを必達するには、雨のなかで傘をさしながらでも勉強する、くらいの気構えやしたたかさが必要だと思うのです。

●目新しくないけど、「すきま時間の活用」は誰もが痛感してきたことです

社会保険労務士合格には、約1000時間の学習量が必要だと言われています。管理人も、そのラインを守りました。仮に1日も休まず3時間勉強したとしても、自宅学習のみでは、ほぼ1年近い学習期間が必要になります。社会人のみなさんに、本当にそんなことが可能でしょうか?
「すきま時間の活用」は、働きながら試験勉強したことのある人なら、誰もが話すことです。皆そうするしかなかったから、目新しい話でもないのに、そのことを力説するのだと思います。管理人もまったく同じ意見です。『勉強は机に座ってするもの』という思い込みを捨てるようにしましょう。そして隙間時間を活かす最良のツールは、CD教材であることを覚えておいてください。


>>講義DVDで通学予備校以上の学習効果を実現!<<