社労士試験対策には、教えてくれる講師が必要!

「社労士試験は講義DVDで攻略!」

社会保険労務士の仕事

これから社会保険労務士の勉強を始めるみなさんは、いま社労士の仕事についてどんなイメージをお持ちでしょうか?
「健康保険や雇用保険の手続きをする事務スタッフ」。そのイメージもまちがいではありませんが、まだ一面的です。社会保険労務士は、決して事務屋さんではありません。営業職など業務の前線に立つ人たちと比べると、たしかに裏方さんではあります。しかし一面、セールスをする営業職よりきびしい責務を担うのが社労士です。そして専門職だからこそ任される、そのきびしい局面を解決していくのが社会保険労務士のやり甲斐です。

社会保険労務士の業務には大きくわけて、「社会保障制度」と「人事労務」の2つがあります。

●社会保障制度

この分野の仕事が、いわゆる「事務方さん」をイメージさせる業務です。
専門的には1号・2号業務と呼ばれています。これらは社会保険労務士の資格を持っている人しか行うことのできない独占業務です。具体的には、

・健康保険の加入・給付などの手続き
・厚生年金保険の加入・給付の手続き
・雇用保険の加入・給付、各種助成金の支給申請などの手続き
・労災保険の加入・給付などの手続き

などがあります。いまお勤めのみなさんも、健康保険や労災保険には加入されているでしょう。こうした社会保障については、病気になったり何か問題がないかぎりは、普段はあまり意識しないものですが、社労士はこのような手続きをぬかりなく行うことで、バックヤードから社員のみなさんの安心を支えているのです。社会保障の手続きについては、社労士は事務方さん、黒子として働いているといえるでしょう。

●人事労務

社会保険労務士は、労働・社会保険のもろもろの法律に精通する国家資格者と認められていることから、企業の労務管理の仕事にも携わります。これらは3号業務と呼ばれています。具体的には、

・従業員の募集、採用、退職などの雇用に関する相談・指導
・賃金管理についての相談・指導
・労働時間についての相談・指導
・労働安全・衛生についての相談・指導
・就業規則、給与規定・退職金規定などの作成、相談・指導
・人事管理・人事考課など人事にかかわる相談・指導

などがあります。文字で表現すると乾いた感じがしますが、要するに、働く条件の問題、働く環境の問題、働く人の問題など、会社のなかで人が抱える問題すべてに対してアドバイスをするのが社会保険労務士です。ストレス社会が進むなか、最近では社員の方のメンタルケアやセクハラ問題などの解決にも、社労士は援助の手を求められています。
管理人自身も「開業社労士」として、顧問契約企業のそのような問題と向き合っています。人の心の傷つきと向き合う場面などもあり、社労士にはデリケートな精神も欠かせないと痛感しています。社会保障制度のことも含め、「人のお世話をしたい」方には、やり甲斐のある仕事です。


>>講義DVDで通学予備校以上の学習効果を実現!<<